翡翠のおはなし

太古のロマンを感じる
日本唯一、世界最古の宝石
Japan’s only and the world's oldest gem makes you imagine the ancient times.

遙か太古の時代より、富と権力の象徴として、選ばれた者のみ手にすることができた〝翡翠〞。

日本国内でも縄文時代の遺跡から翡翠の勾玉等が出土しており、日本最古の歴史書「古事記」にも糸魚川翡翠にまつわる奴奈川姫(ぬなかわひめ)伝説が記されています。

祈りを捧げる儀式で用いられていました

宝石の多くは単なる装飾品として使われていますが、翡翠はそれだけではなく、祈りを捧げる儀式に使われる等、さまざまな用途に利用されていたのではないかといわれています。

海外でも翡翠は、その美しさから装飾品や調度品の材料とされてきましたが、不思議な力を持つ石として体を癒すために用いたり、霊的な石として呪術に用いられる等、遠く離れた地でも同じような用途で用いられているという興味深い石でもあります。

古代の人々は翡翠から一体どのようなパワーを感じたのでしょうか。

日本の翡翠文化

古来より海外でも翡翠文化が存在していました。
文化の始まりは、中国は約250年前、朝鮮半島は約1400年前、中央アメリカは約3000年前といわれています。

日本の翡翠文化は世界最古

中でも日本の翡翠文化は世界最古といわれ、約7000年前の縄文時代に始まりました。
しかし、遺跡から出土した翡翠は、近代まで大陸から渡来したものだと考えられていました。
 縄文時代の翡翠は、美しさはもとより、入手・加工が困難であることから、不思議な力を持つ「宝物」として珍重されていました。
貴人が富や権力の象徴として所有したり、宗教的指導者が祭祀に用いたことから、呪術性・護符性・祭器性を持つ貴石とされ、現在でも多くの人を魅了しています。

いったん歴史から姿を消す

その翡翠が奈良時代を最後に、なぜか近代まで表舞台に登場する事はありませんでした。
仏教伝来との関係等、諸説ありますが、未だに謎とされているため、「幻の宝石」といわれています。

明治以後に貴重な宝飾品に

再び翡翠が珍重され、帯留めや指輪、ネックレスなどの宝飾品に用いられるようになったのは、明治以降になってからです。

翡翠の産地

どの宝石にもいえることですが、鉱脈のない所をいくら掘っても宝石を採取することはできません。
地球上で日本が誕生する、はるか昔の6億年前の石といわれる翡翠も、ヒスイ輝石、あるいはネフライトを含む鉱脈からしか採取できません。
そのため、翡翠の産地は世界でもごく限られた地域となっています。

日本が誕生するはるか昔、6億年前の石

硬玉翡翠の主な産地は、ミャンマー、ロシア、メソアメリカ、そして日本となります。
軟玉翡翠は、中国の新疆ウイグル自治区、ニュージーランド、アメリカが主な産地です。

最大かつ最大の国内産地は、糸魚川(いといがわ)地域

国産翡翠の産地は、北海道から九州まで点在していますが、最大かつ最良の産地は糸魚川地域といわれています。

翡翠の宝探しブーム到来

新潟県糸魚川市の小滝川・青海川等の河原や、富山県の宮崎海岸などでは、時折翡翠が採取できるため、多くの人が宝探しに夢中になりました。
こたきでは、糸魚川地域で採取された糸魚川翡翠のみを使用しています。