店長日記

93

こんにちは、糸魚川翡翠工房こたきの店長こたきです。
松本は朝晩が大分涼しくなってきました。お住いの地域はいかがですか。

 

先日、国宝土偶「縄文のビーナス」で有名な、
長野県茅野市で「八ヶ岳縄文の里マラソン大会」が開催されました。

茅野市尖石縄文考古館を発着点とするコースで、
ハーフマラソン、10キロ、5キロ、3キロ、2キロの順で出発をします。
13回目の今年は、1154名の方がエントリーされたそうです。

マラソンにご興味がありましたら来年は是非、
信州の秋風を感じながら八ヶ岳連峰を眺めて走り、
完走後は「縄文のビーナス」、そして、もうひとつの国宝土偶「仮面の女神」を
ご覧になって太古のロマンに触れてみてください。

 

長野県茅野市「八ヶ岳縄文の里マラソン大会」

こんにちは、糸魚川翡翠工房こたきの店長こたきです。

松本は身近に大自然があり、いつでも身も心も包んでくれます。
夜になるとあちこちから虫の声が聞こえてきます。
今回も初秋の美ヶ原の風景をお送りします。

最近は気持ちが良いので、夕方から夜にかけての散歩が日課です。
機会がありましたら、お出掛け下さい。

※画像の無断使用はご遠慮ください。

 

【美ヶ原 輝くヤナギラン】

松本市美ヶ原ヤナギラン

 

【美ケ原 霧とヤナギラン】

松本市美ヶ原ヤナギラン

 

【美ヶ原 霧に咲くヤナギラン】

松本市美ヶ原ヤナギラン

 

【漂う】

松本市美ヶ原

こんにちは、糸魚川翡翠工房こたきの店長こたきです。

松本は身近に大自然があり、いつでも身も心も包んでくれます。
夏も終わりに近づき、秋の訪れを感じます。今回は初秋の美ヶ原の風景をお送りします。
これから街も山も出掛けるにはいい季節になります。
機会がありましたら、お出掛け下さい。

※画像の無断使用はご遠慮ください。

 

【めざめ】

松本市美ヶ原初秋

 

【鬼百合のポーズ】

松本市美ヶ原初秋

 

【朝露に咲く雲の花】

松本市美ヶ原初秋

 

【朝露に散る マツムシソウ】

松本市美ヶ原初秋

 

こんにちは、糸魚川翡翠工房こたきの店長こたきです。

松本は身近に大自然があり、いつでも身も心も包んでくれます。
夏に出掛けた美ヶ原の風景をお送りします。
休みを満喫された皆さま、これからお休みに望む皆さま、
ホッと一息涼んでいただけたら嬉しいです。

※画像の無断使用はご遠慮ください。

【緑風】

松本市美ヶ原

 

【光のささやき】

松本市美ヶ原

 

【谷音】

松本市美ヶ原

 

【雨上がり】

松本市美ヶ原

 

【生き抜く石】

松本市美ヶ原

こんにちは、糸魚川翡翠工房こたきの店長こたきです。

立秋とは名ばかりの暑さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
お陰様でスタッフ全員、夏バテもせずにつつがなく過ごしております。
夏の疲れが出やすい頃ですので、どうぞお身体にはくれぐれもお気をつけて、
健やかにお過ごしください。
今日の朝焼けはとても美しかったです(左上:美ヶ原高原)

松本市の美ヶ原高原

こんにちは、糸魚川翡翠工房こたきの店長こたきです。いよいよお盆休みに入りましたね、
令和元年のお盆休みは長い方では9連休もあるそうで、
何とも羨ましい限りです。暑い日が続きますが、お元気でお過ごしでしょうか。
私がこの時期楽しみにしている恒例行事と言えば、
「波田のスイカ」を食べること!です。
全国的にも有名な『スイカの名産地』、
松本市波田地区のスイカは、
昼と夜の温暖差と日照時間の長さを活かした、
正に太陽と大地の生み出した傑作品です。

松本にお越しの際は、是非ご賞味くださいませ!(^o^)
(波田地区を車で走ると、彼方此方で農家直売のスイカが売られています。)

松本市波田スイカ

 

松本市波田スイカ

 

こんにちは、糸魚川翡翠工房こたきの店長こたきです。

 

今日の松本は猛暑日になるそうです!

前回に引き続き、梅雨の合間に出掛けた美ヶ原の風景をお送りします。

ホッと一息涼んでいただけたら嬉しいです。

※画像の無断使用はご遠慮ください。

 

【美ヶ原 こもれび】

美ヶ原風景

 

【美ヶ原 静寂】

美ヶ原風景

 

【美ヶ原 命の森】

美ヶ原風景

 

【美ヶ原 水奏】

美ヶ原風景

こんにちは、糸魚川翡翠工房こたきの店長こたきです。

 

梅雨明けで、いよいよ夏本番ですね!

今回は、梅雨の合間に出掛けた美ヶ原の風景を切り取りました。

暑さが続きますが、ホッと一息涼んでいただけたら嬉しいです。

※画像の無断使用はご遠慮ください。

 

【美ヶ原三城の光芒】

美ヶ原

 

【美ヶ原焼山 森の番人】

美ヶ原焼山

 

【美ヶ原焼山 朝日に輝く白糸の滝】

美ヶ原焼山

 

【美ヶ原 休息の時】

美ヶ原

こんにちは、糸魚川翡翠工房こたきの店長こたきです。

暑くなってくると何故か食べたくなるのが、カラフルな夏野菜。

生野菜を食べるのはもちろんですが、最近、私がハマっているのが「ピクルス」です。

野菜をカットしてピクルス液に漬けておくだけで、

(お酢、砂糖、ローリエ、黒粒胡椒をひと煮立ちさせて作ります)

あっという間にあと引く味わいの立派な一品になります。

忙しい朝もサッと野菜補給が出来て、お酢の酸味でシャキッ!とした気分にさせてくれます(^-^)

松本市夏野菜ピクルス

こんばんは、糸魚川翡翠工房こたきの店長こたきです。今年で32回目となる「国宝松本城 太鼓祭り」へ行ってきました。

全国各地から集まった太鼓団体と地元松本市の太鼓団体の、
熱気溢れる演奏が二日間開催されます。(27日(土)、28日(日))

市街地は太鼓の力強い音が鳴り響き、台風を吹き飛ばしてくれた様です。松本城以外でも、松本駅前や街中(まちなか)で演奏が繰り広げられています。

明日は心配されるお天気もどうにか持ちそうです、松本にお越しの方は是非、足をお運びください(^o^)

 

松本市国宝松本城太鼓祭

こんにちは、糸魚川翡翠工房こたきの店長こたきです。
昨日は、中心市街地にある深志神社の例大祭「天神祭り」へ行ってきました。
町ごとに装いを凝らした舞台(松本深志舞台)16台が境内に曳き込まれ、社前に並んでいました。

平成十三年に松本市重要有形民族文化財に指定され、
城下町松本の代表的な文化財として評価されている、豪華絢爛な舞台です。

この懐かしい祭り姿は、いつまでも続けてほしい昔ながらの松本の風物詩です。

 

【美しい鳳凰(太田南海作)の像が付いたもの】

松本市天神祭り舞台

 

【豪華な舞台がいくつも並んでいます】

松本市天神祭り舞台

 

【舞台の細工が面白いです→舌切りすずめの細工】

松本市天神祭り舞台

 

【舞台2階には像が乗るものもあります、ちょっと怖い、、、うしろの百太郎みたいです(^_^;)】

松本市天神祭り舞台

 

こんにちは、糸魚川翡翠工房こたきの店長こたきです。

 

今日の松本は、朝から暑い一日でした。
ふと、東の山を眺めましたら、モクモクの入道雲が浮かんでおりました。
いよいよ夏本番でしょうか。

 

美ヶ原高原(写真右側)もはっきりと見ることが出来ました。(頂上にテレビ塔があるのです)
  「登りついて不意に開けた眼前の風景にしばらくは世界の天井が抜けたかと思う」 と、
詩人・尾崎喜八(おざききはち)が表現する様に、広大な草原が広がっています。

 

日本百名山のひとつでありながら、山頂まで車で行くことが出来、
標高差が少なく整備された道を歩くことも出来るので、登山を始めたばかりの方にもおすすめです!

 

松本市美ヶ原梅雨明け

 

こんにちは、糸魚川翡翠工房こたきの店長こたきです。

21日は参議院議員選挙でしたね。

我々が住み良い世の中になる事を願うばかりです…  

 

投票に行きましたら、面白いカードを貰いました。

国宝 旧開智学校が掲載された「投票記念カード」です。

 

明治時代に建てられ、日本最古の小学校として知られる,

旧開智学校(長野県松本市)の校舎が国宝に指定されました。

近代学校建築として初めての国宝指定となります。

画像ではよくわかりませんが、正面の2人のエンゼルがキモかわいいので、

要チェックですよ!

 

地元では、松本城に次いで2つ目となる国宝です。

松本にお越しの際は、国宝巡りをお勧めします!

 
松本市国宝開智学校

こんにちは、糸魚川翡翠工房こたきの店長こたきです。

松本でもついに露地ものスイカの出荷が始まりました!

夏到来ですね。早速、夏の味覚を味わいたいのですが、

もう少し暑くなれば美味しくなるかな。

でも暑くなると大変だなと、悩みどころです。

 

今回の職人こたきギャラリーは、制作の合間に出掛けた初夏の高ボッチの風景です。

爽やかな風景で涼んでいただけたら嬉しいです。

近日中にまた新作をアップしますので楽しみにしていて下さいね!

 

※画像の無断使用はご遠慮ください。

 

【高ボッチのレンゲツツジ】

高ボッチのレンゲツツジ

 

【高ボッチ高原 雲海と北アルプス】

高ボッチ高原 雲海と北アルプス

 

【レンゲツツジと雲海の白馬三山】

レンゲツツジと雲海の白馬三山

 

【高ボッチ高原 白樺とレンゲツツジ】

高ボッチ高原 白樺とレンゲツツジ

 

【レンゲツツジにカラマツの新緑と北アルプス】

レンゲツツジにカラマツの新緑と北アルプス

 

【牛伏寺階段工】

牛伏寺階段工

 

 

こんにちは、糸魚川翡翠工房こたきの店長こたきです。

この間、近くまでホタルを観に行って来ました。

丁度、良く飛ぶ時間帯に、ぼんやりと儚く浮かび上がる光を堪能できました。

毎年、ホタルに合出逢うたび、夏の始まりを感じます。

 

今回の職人こたきギャラリーは、制作の合間に出掛けた初夏の美ヶ原の風景です。

近日中にまた新作をアップしますので楽しみにしていて下さいね!

 

※画像の無断使用はご遠慮ください。

【レンゲツツジ咲く美ヶ原①】

美ヶ原高原レンゲツツジ

 

【レンゲツツジ咲く美ヶ原②】

美ヶ原高原レンゲツツジ

 

【美ヶ原 袴腰よりアルプス】

美ヶ原高原レンゲツツジ

 

【美ヶ原 高原の朝】

美ヶ原高原レンゲツツジ

 

【美ヶ原 思い出の丘】

美ヶ原高原レンゲツツジ

 

【美ヶ原より遠くの鹿島槍を望む】

美ヶ原レンゲツツジ

 

【美ヶ原レンゲツツジと北アルプス】

美ヶ原高原レンゲツツジ

 

ご無沙汰をしております、糸魚川翡翠工房こたきの店長こたきです。

今日は梅雨の晴れ間となり、朝から暑い一日でした。

お元気にお過ごしでしょうか?

 

もうすぐ「七夕」ですね。

松本地方の七夕は一ヶ月遅れの八月七日に行われます。

当店のギャラリーでもあるティールームコイデ内には色鮮やかな七夕人形が飾られました。

松本地方から安曇野、大北の一部にかけて軒先に七夕人形を吊るし飾る文化は、江戸中期から受け継がれています。

街なかやJR松本駅などを歩くと彼方此方に松本の夏の風物詩でもある「松本の七夕」が飾られています。

松本にお越しの際は是非、探してみてください。

願いごとが叶うかもしれませんよ…

 

松本の七夕人形

こんにちは、糸魚川翡翠工房こたきの店長こたきです。

松本も夏の陽気が続いていましたが、今日はいいお湿りがありました。

一雨降ると、なんだかほっとしますね。

 

5月から好物のアスパラガスのシーズンが始まり、

最近はサッと茹でたり、肉と炒めたりして、

アスパラばかり食べております。私の元気の源です。

翡翠の『緑』とつながるからでしょうか\(^o^)/

 

久し振りの職人こたきギャラリーは、

この5月に糸魚川へ出掛けた際に道すがら撮影した、

松本から糸魚川へ続く『塩の道』の里山風景です。

爽やかな新緑と山々の残雪のコントラスト、

のんびりした田園を眺めて、のんびりしてきました。

 

近日中に新作をアップしますので楽しみにしていて下さいね!

 

※画像の無断使用はご遠慮ください。

 

【白馬三山と棚田】

 

【松川と残雪の白馬三山】

 

【棚田と残雪の白馬三山】

 

【小谷村から鹿島槍と五龍岳】

 

【古民家と残雪の山々】

 

【残雪の雨飾山と新緑】

 

【高浪の池と新緑の明星山】

 

【日本昔話を思い出す小谷村】

 

大自然の圧倒的迫力と美しさに、ただただ驚きます。

職人こたき(赤羽可行)の山岳写真も展示されますよ、ぜひ観に来て下さい!

 

日本山岳写真協会松本支部の写真展 JAPA'18「山の便り」が、11月28日(水)より、松本市美術館にて開催されます。

 

お近くにお越しの際は、是非ご覧いただければ嬉しいです、よろしくお願い致します。

 

【詳細はこちら】

会期:11月28日(水)~12月2日(日) 午前9時30分~午後5時00分

会場:松本市美術館 市民ギャラリーA・B (長野県松本市中央4-2-22) 入場無料

 

 

毎年多くの方にご好評いただいております、職人こたきの作品も掲載されている、

2019年カレンダー「稜線」も、ただいま発売中です!1,830円(税込)

 

糸魚川翡翠工房こたきの店長こたきです。
6月といえば松本の高地では、ツツジの季節です。
(松本の市の花は、このレンゲツツジなのです)

 

早い梅雨明けにもなり、暑い日は続きますが、
高原の朝の爽やかなシーンで、一時涼んでいただけたら幸いです。

 

日本山岳写真協会松本支部の作品で構成されたカレンダー、
『稜線2018』の6月に、職人こたきの作品が掲載されていますので、ご紹介します\(^o^)/
(カレンダーは完売しております。2019年版も制作予定です。)

 

※画像の下に、職人こたきのコメントを載せましたので、是非ご覧くださいませ。

『レンゲツツジと霧の世界』


「今年のレンゲツツジの盛りは・・・

高原の朝は白一色に包まれた世界が広がっていた。

霧の中に見え隠れするツツジ、霧が流れ、霧が演出する、自然が醸し出す音色には無限の詩情が広がっている。

この自然の変化に一喜一憂して、そのおこぼれを頂戴すべく、その中に身を置くことの幸せは、

度々足を運ばずにはいられない、この自然の恵みに実感させられる。」