店長日記

77

日本山岳写真協会松本支部 2015年カレンダー「稜線」に掲載されました(^_^)
日本山岳写真協会松本支部の2015年カレンダー「稜線」に、こたきの撮影した作品を載せて頂きました!作品が多くの方の目にとまる機会を頂き、大変感謝しております。

カレンダー「稜線」は、1993年より、日本山岳写真協会松本支部の会員が撮影した山岳写真のカレンダーで、山岳都市松本ならではの美しい自然あふれる山岳写真で構成されているカレンダーです。

掲載されているのは、1月と5月のページ。
1月は、美ヶ原台地から望んだ北アルプス。厳寒の中で茜色に空が色づく、モルゲンロートの幕開け。遠くに見える北アルプスが刻一刻と染まっていきます。

5月は、雪渓の雪解けが始まる頃の白馬岳の稜線。雪渓の下からは水の流れが聞こえ始め、シアネアオイなどの高山植物のお花畑が咲き誇ります。

2015年カレンダー「稜線」につきましては、こちらをご覧下さい。

http://www.prart.co.jp/calendar/ridgeline/


※日本山岳写真協会とは…日本山岳写真協会とは 山岳写真を主体とする広範な創作・研究活動を行い、映像芸術・文化の向上に寄与し併せて会員相互の親睦を図る目的で設立された、山岳写真作家集団です。山岳写真の持つ映像芸術の向上に寄与することを目的として発足しました。(「日本山岳写真協会」webサイトより)

協会には8つの支部があり、松本市支部は第1号です。松本という地の利を生かし、精力的に活動しています。カレンダー「稜線」は、20数年以上毎年発行されています。

今後は徐々に作品をサイトに載せていく予定ですので、お楽しみに~(^_^)/
茨城県より、お客様が糸魚川翡翠工房の見学にいらっしゃいました。

ご主人様は古くからの糸魚川翡翠ファンでいらっしゃるそうで、コレクションだけでなく、ご自身でも加工もされているとの事です。お目当ての糸魚川翡翠が見つかり、大変ご満足されていらっしゃいました。とっても喜んだお顔を見せて頂き、私もとても嬉しかったです!

奥様はヒスイのブレスレット・イヤリング・ペンダント、そしてヒスイ色の傘と、ヒスイずくしのコーディネートで、とっても綺麗でした(^o^)蒋介石氏の奥様、宋美齢さんのお話(宋美齢さんは、翡翠が大好きで、全身に翡翠のアクセサリーを身に着けていたそうです。翡翠のおかげでしょうか、106歳まで元気でいらっしゃったそうです)をお聞きして、勉強になりました。

実際にお客様とお話しをさせて頂きますと、さらにお客様の事がわかり、とても楽しいです。色々気付かされる事が多く、大変勉強になります。また、お会いできたらと思います。

雨の中、遠い所からお越し頂き、お土産まで頂きまして、本当にありがとうございました☆(^_^)/



糸魚川翡翠のヒスイネイルで運気上昇!(^_^)/
ヒスイのネイルでオシャレに運気上昇!(^_^)/

糸魚川翡翠のふるさと、新潟県糸魚川市の商工会議所が中心となって、ヒスイの粉末を使ったネイルアート「ヒスイネイル」が開発されました。2015年3月14日の北陸新幹線開業に向けた、旅行客をターゲットにした製品という事です。ネイルのデザインは、勾玉をモチーフにした、6色のデザイン。古代的ないい雰囲気を出しています。ヒスイネイルを見た人が、「お、糸魚川行ってきた?」なんて感じになるかもしれないですね。

そしてなんと、今年の6月にはヒスイカクテルも開発されていたそうです(^_^;)
こちらもどんな味がするのか気になりますね~(^_^)/

新幹線開業を機に、再び糸魚川翡翠が全国の皆様に知って頂けたらいいなと思います。
松本山雅FC、J1に正式承認!(^_^)/
松本のプロサッカーチーム、「松本山雅FC」がJ1に承認されました。

地元では、「結構盛り上がっているなー」くらいの感覚だったのですが、全国ニュースでの取り上げられているのをよく見ていると、全国でも屈指の盛り上がりだという事がよくわかりました。特にボランティア組織が素晴らしいとの評価でした。地元だと、かえってよくわからない事もあるのだなーと思いました。

12月7日には、街中から松本城までの記念パレードが行われるとの事。
こたきのギャラリーの近くを通るので、観にいってみようと思います。
来年はさらに盛り上がって行きたいですね☆(^_^)/

松本山雅FC J1昇格記念事業 「登城パレード」・「昇格報告会」

http://www.yamaga-fc.com/news/2014/11/14/1415930707196.html
糸魚川翡翠を市に寄贈された方のニュースがありました(^_^)/

3キロのヒスイ原石を糸魚川市に寄贈



 糸魚川翡翠の産地・新潟県糸魚川市で衣料品店を営む男性が、11月17日に自身が所有するヒスイの原石(重さ約3キロ)を市役所に寄贈されたというニュースがありました。

 市の教育委員会によると、ヒスイは緑色の濃淡が鮮やかで透明度が高く、宝石として高い価値があるということです。

 寄贈したヒスイは、市内の船小屋の板ぶき屋根の重しとして使われていたのを知人が見つけ、漁師に頼み込んで譲り受けたとの事。どこかの屋根の上に、ヒスイが乗っているあるかも知れないですね。

 宝石用には加工せず、あえて原石のまま保管されていていたもので、以前に国立科学博物館の特別展で展示されたほどの、知る人ぞ知る名品だったそうです。 市の関係者も、「糸魚川産でこれ以上のヒスイはない」というくらいですので、素晴らしいヒスイなんでしょうね。一度見てみたいです。

まだまだ、どこかにお宝のヒスイが眠っているかもしれないですね。
近所に野球用品専門店、「ミズノスクエア松本」がオープン!(^_^)/
松本に全国2店舗目のミズノ直営野球用品専門店、「ミズノスクエア松本」が21日にオープンします。

私は野球少年でなかったもんで、今まで知らなかったのですが、松本は野球が結構盛んな土地らしく、以前はミズノの工場もあったこともあり、全国で唯一、少年軟式野球の「ミズノカップ」を開催するくらい、ミズノと松本の野球界とは結び付きが強いとの事です。

カープのユニフォームはミズノを採用しているので、カープのユニフォームがショーウインドーに飾られていましたよ。何か都会っぽい雰囲気でとってもカッコいいです。今朝通りかかったら、侍ジャパンやソフトバンクホークス、日本ハムファイターズも飾られていましたよ。

そしてなんと、糸魚川翡翠工房こたきギャラリーのある、ティールームコイデから、歩いて1分の好立地!!(゜o゜)オープンしたら、早速行ってみたいと思います!

野球用品見に行った帰りには、是非お立ち寄りくださいませ♪
お待ちしております!☆(^_^)/

「ミズノスクエア松本」

http://www.mizuno.co.jp/whatsnew/2014/11/20141104.html
平成27年は善光寺御開帳です
来年、平成27年の春、7年に1度の善光寺御開帳が行われます。

長野に出張があった機会に、リニューアル真っ最中の長野駅でパンフレットをもらってきました。北陸新幹線の開通もあり、駅が大きくなっていて、ビックリしました!(゜o゜)

ご開帳といえば、善光寺前立本尊(まえだちほんぞん)と、「善の綱」と結ばれた、回向柱(えこうばしら)が有名です。(パンフレットの柱の事です)前回は、長野の七味唐辛子屋さんで、「八幡屋磯五郎」の御開帳缶が出て、思わず買って来てしまいましたが、我が家では未だに使っています。来年も特別缶は善光寺かなあ、楽しみです♪

来年は羊にひかれて善光寺参りですね☆(^_^)/
日本テレビ系列の「ザ!鉄腕!DASH!!」で、松本の名産野菜「松本一本ねぎ」について放送されました。

松本に来て頂いて紹介したのは、城島さんと長瀬さん。長瀬さんは、ドラマ「白線流し」でも、松本にロケにいらしゃっています、ご縁があるなあ~。番組では、ねぎたっぷりの餃子や、ねぎの芯を抜いて肉を詰めた物や、ねぎの鍋が紹介されていました。食べた事のない料理ばかりで、ねぎのレパートリーも色々あるのだなと感心です。

松本一本ねぎは、根っこに近い部分が曲がっているのが大きな特徴。「まがりちゃん」っていう、キャラクターもあるくらいです。鍋物などで煮込むとトロットロになって、おいしいですよ。

松本はついに気温が氷点下になり、冬到来です。寒くなりますが、こんな日はねぎ料理でぽっかぽかになりましょう!

風邪予防にもなりますしね☆(^_^)/
日本山岳写真協会松本支部の支部展、「2014 山の便り」が、松本市美術館で開催されています。

松本市は美ヶ原・穂高・上高地と日本でも有数の山岳都市ですので、山岳写真を撮るには絶好の場所です。

こたきの作家、赤羽可行も協会に参加しており、写真を展示しました。

山岳写真協会の2015年カレンダーにも写真が掲載される予定です!!(^_^)/

写真展は11月9日まで開催中です。

松本市美術館

http://www.city.matsumoto.nagano.jp/artmuse/p2/p2-index.html


こんにちは、店長のこたきです☆(^_^)/

 

毎朝、8時半頃になると、我が家の上空をヘリコプターが通過していきます。松本にある「信州大学付属病院」のドクターヘリが、「信州まつもと空港」からスタンバイで向かっているようです。夏山、冬山に限らず、登山中の事故や病気の発生時に大活躍しています。行楽や登山にも良い時期になってきました。皆様もお気を付けてお出掛け下さいませ☆(^_^)/

 

↓↓それでは、糸魚川翡翠(ヒスイ)作品の紹介です。

(白色ヒスイ)糸魚川翡翠・守り石(直径27mm)22,000円(税込:23,760円)[MI0058]【送料無料】


全体的に薄い緑色を帯びた白色ヒスイを使用しています。5分の4の部分は透明感があります。一部石の組成の違いにより、表面にザラつきのある部分があります。裏面は綺麗に仕上がっています。

  

 ↓↓透明感のある白色ヒスイです

 

 ↓↓直径は約27mm

 

 ↓↓光にかざすと、透明感がわかります

 

↓↓特製の桐箱に入れて、お送り致します

 

 

 

【↓↓上記作品はこちらでご紹介しています↓↓☆(^_^)/】 

 http://www.itoigawahisui.jp/product/14

「この作品についてもう少し知りたい」、「この作品を実際に見てみたい」というご要望などにもお答えしたいと思いますので、その際はお電話、またはメールでお知らせ下さいませ。

お問い合わせメール・・・info@itoigawahisui.jp

お電話でのお問い合わせは・・・糸魚川翡翠工房こたき TEL:0263(36)3092 

 

この週末は、秋のイベントもあちこちで開催されているのではないでしょうか、それでは秋を楽しみましょう☆(^_^)/

 

 

こんにちは、店長のこたきです☆(^_^)/

 

今日は、松本の出川(いでがわ)にある「多賀神社(たがじんじゃ)」のお祭りです。 松本の方ならご存知ですが、このお祭りの名物がお祭りの期間だけの限定発売の「寿命餅(じゅみょうもち)」というあんころ餅です。

 

近所のスーパーでも、他のメーカーが販売していますが、この日は神社のある地元の和菓子屋さんに大行列が発生し、お餅を買うための特設駐車場と、警備員さんまで出動するくらいの大賑わいになります!縁起ものですからね~☆ この「寿命餅」。見た感じは、伊勢名物のあのあんころ餅によく似ていますが違うのです!大きな特徴は、本格的なお餅なので、買ったその日に食べないと硬くなってしまう事なのです。なので、その日の内に出来立てを食べるのです。さすが本物の味!出来立ては美味しいですよ~♪

 

↓↓それでは、糸魚川翡翠(ヒスイ)作品の紹介です。

【(青色ヒスイ)糸魚川翡翠 管玉(6g)12,000円(税込12,960円)】
白と青が混ざった淡い色合いの青色ヒスイを使用した管玉です。やわらかで落ち着きのある印象。革紐やチェーン等に通し、ペンダントや根付としてもお使い頂けます。

  

 ↓↓白と青が混ざった青色ヒスイです

 (青色ヒスイ)糸魚川翡翠 管玉(6g)1

 ↓↓ふっくらとした印象の管玉です

 (青色ヒスイ)糸魚川翡翠 管玉(6g)2

 ↓↓ペンダントや根付としてもお使いいただけます

 (青色ヒスイ)糸魚川翡翠 管玉(6g)3

↓↓穴径は約3mmです

(青色ヒスイ)糸魚川翡翠 管玉(6g)4

↓↓厚さは約10mmです 

(青色ヒスイ)糸魚川翡翠 管玉(6g)5

↓↓直径は約17mmです

(青色ヒスイ)糸魚川翡翠 管玉(6g)6

 

【↓↓上記作品はこちらでご紹介しています↓↓☆(^_^)/】 
http://www.itoigawahisui.jp/product/52

 

「この作品についてもう少し知りたい」、「この作品を実際に見てみたい」というご要望などにもお答えしたいと思いますので、その際はお電話、またはメールでお知らせ下さいませ。

お問い合わせメール・・・info@itoigawahisui.jp

お電話でのお問い合わせは・・・糸魚川翡翠工房こたき TEL:0263(36)3092 

 

この、多賀神社(「おたがさま」ともいいます)のお祭り、何故か当日に雨が降る事でも有名なのです。今回も夕方に雨がパラパラ降ってきましたが、大した事にならずに良かったです☆(^_^)/

 

 

こんにちは、店長のこたきです☆(^_^)/

 

近所を歩いていたら、白の衣装を着た、10人くらいの天使の軍団(?)のパレードを発見!!
マラカスみたいな楽器をシャカシャカ振ったり、踊ったりしながら街中を練り歩いています。なんじゃあこりゃあ!(ジーパン)
当然のごとく、歩く人たちの注目の的になっていました。結婚式の余興にしてはアウトドアに進出し過ぎだし!なんだなんだ?と思ったら、市内の服飾専門学校の「松本衣デザイン専門学校」(←「ころも」でなく、「い」と読みます)の生徒さんたちの路上ファッションショーのパフォーマンスだったみたいです。路上で発表だなんて、オシャレです!アートな季節になってきたという事ですねえ。

 

お昼にソバ屋さんに行ってきました、すでに「新そば始めました」の張り紙が。秋になってきましたね☆(^_^)/

 

↓↓それでは、糸魚川翡翠(ヒスイ)作品の紹介です。

(青色ヒスイ)糸魚川翡翠勾玉(まがたま)22,000円(税込23,760円)
非常に貴重な青色ヒスイを使用した勾玉です。青色といってもハッキリとしたコバルトブルーのような青色ではなく、白と青を混ぜたような優しい色合いの青色です。そのため、やわらかで落ち着きのある印象。ペンダントとしても毎日身に着けていられる、そんな作品です。

  

 ↓↓落ち着きのある青色ヒスイです

 (青色ヒスイ)糸魚川翡翠勾玉(まがたま)1

 ↓↓全体的にほんわり丸みを帯びています

 (青色ヒスイ)糸魚川翡翠勾玉(まがたま)2

 ↓↓ペンダントとしてもお使いいただけます

 (青色ヒスイ)糸魚川翡翠勾玉(まがたま)3

↓↓穴径は約3mmです

(青色ヒスイ)糸魚川翡翠勾玉(まがたま)4

↓↓長さは約25mmです 

(青色ヒスイ)糸魚川翡翠勾玉(まがたま)5

 

【↓↓上記商品へのお問い合わせはこちらにどうぞ↓↓☆(^_^)/】 
  Outlook Expressをお使いの場合はこちらをクリック

「この作品についてもう少し知りたい」、「この作品を実際に見てみたい」というご要望などにもお答えしたいと思いますので、その際はメールでお知らせ下さいませ。

お電話でのお問い合わせは・・・糸魚川翡翠工房こたき TEL:0263(36)3092 

 

こんにちは、店長のこたきです☆(^_^)/

 

今夜はスーパームーン〇(←満月)!! 松本は山に囲まれているため、月の出(?)は結構遅かったですが、待ったかいがかって、とっても大きかったです。 おんなじ月でも、秋の月はなんだか風情があるのはなんででしょうか? 満月の光はパワーがあるそうですので、さらにパワーをもらえた感じです♪

 

それで…、秋と言ったら秋刀魚!! 前のシーズンは秋刀魚1匹も食べなかったので、今シーズンは食べようかと思います☆(^_^)/月より団子か~?

 

↓↓それでは、糸魚川翡翠(ヒスイ)作品の紹介です。

【糸魚川翡翠シルバーアクセサリー「カワセミ」85,000円(税込91,800円)】
クラフトのまち松本だからこそ実現できた、シルバーアクセサリー作家さんとのコラボ作品です。特に選ばれ磨かれた糸魚川翡翠と翡翠を表す鳥、「カワセミ」がペアになっています。カワセミの目の部分には金のワンポイントが加工されており、上品な印象がとってもオシャレです。

 

 ↓↓カワセミの目の金がオシャレです♪

 ↓↓非常に透明感のある白ヒスイを使用しています。

 ↓↓裏面からも翡翠がよく見えます

 

【↓↓上記商品へのお問い合わせはこちらにどうぞ↓↓☆(^_^)/】 
  Outlook Expressをお使いの場合はこちらをクリック

「この作品についてもう少し知りたい」、「この作品を実際に見てみたい」というご要望などにもお答えしたいと思いますので、その際はメールでお知らせ下さいませ。

お電話でのお問い合わせは・・・糸魚川翡翠工房こたき TEL:0263(36)3092 

 

こんにちは、店長のこたきです☆(^_^)/

 

先日、松本の隣(岡谷)の隣にある諏訪に、花火を観に行ってきました!

 

諏訪の花火は全国的に有名な「諏訪湖祭湖上花火大会」(約40,000発!!)や、「全国新作花火競技大会」(約18,000発!)が知られていますが、それ以外に、7月末から9月の初めまで、「サマーナイトファイヤーフェスティバル」という名前で、毎日花火を800発も上げているんですよ!それも、大玉の花火もあり、中々の迫力です(^o^)音楽に合わせての花火で、また趣があり、楽しいです。

 

今回は、そのラストを飾る、「サマーナイトファイヤーフェスティバル」のフィナーレでした。今回は有料ではないので、なるべくよく見える諏訪湖畔でセッティング。12,000発の花火や、水上スターマインが見られ、視界全部が花火の大迫力でした、大満足☆

 

音楽では、森山 直太朗さんの「な~つのお~わ~り~」という歌詞が印象的でした。

 

諏訪湖の花火について、詳しくはこちらをどうぞ→ 「信州 諏訪湖の花火」

 

松本は、そろそろ秋の気配です☆(^_^)/

長野県で初めてヒスイ製の極小勾玉が発見されました
こんにちは、店長のこたきです。


2014年8月31日の信濃毎日新聞に、長野県でヒスイ製の極小勾玉出土の記事が掲載されていました。


出土場所は、長野市篠ノ井塩崎の「塩崎遺跡群」。弥生時代中期の住居群跡などから、縦の長さが7~8ミリのヒスイ製の極小勾玉が3個発見されたそうです。研究者の方のお話によると、極小勾玉はめったに見つかる事がなく、特殊な装飾具だった可能性があるとの事。長野市は糸魚川市と近いので、糸魚川産の物かも知れませんね。しかし、こんな小さな勾玉、どのように加工していたのでしょうか?古代にも、高度な加工技術があったのですね。


さらに他の翡翠製品が出土されるかもしれませんので、これから期待大です☆(^_^)/


クラフトフェアまつもと2014
松本では、クラフトフェアまつもと2014開催中です。全国から沢山の人が集まって、松本の街中は大変賑わっています。

糸魚川翡翠工房も、ティールームコイデさん(松本市大手2-2-5)で、作品を展示中です。近くにお越しの際は、是非お立ち寄り頂けたらと思います。